うつ病の種類を調べる【病院に通って診断を受ける】

相談する事が先決です

女性

副作用の少ない薬です

不安感や焦燥感、気分の落ち込み等は誰もが経験する心の動きです。殆どの人は数日で気にならなくなります。しかし2週間以上この様な症状が続く人は、うつ病の疑いがあります。この病気になると集中力や判断力が低下してくるので、酷くなると仕事や日常生活に支障をきたす様になります。本人が自覚している場合もありますが、いつもと違う行動や言動について周囲から指摘されるケースも少なくないです。うつ病はいくつもの種類があり、症状に応じた適切な治療すれば完治させる事ができる病気です。心の病については、精神科や心療内科の利用が一般的ですが、他の精神疾患や身体的合併症の事を考えると、より幅広い分野に対応できる精神科の利用が適しています。しかし本人が病気である事を認めず、診察を拒否する場合には治療が受けられないので症状は悪化する一方です。その様な場合には家族が先に医師と相談する事ができます。うつ病をはじめとする心の病について理解を深めると共に患者の気持ちを治療へ向けさせる事ができる様になります。そして過剰な励ましや勇気づけの言葉はかえって逆効果となるので、避けた方が無難です。十分な休養が取れる様なリラックスできる環境づくりを心がける事が先決です。そして各地域の自治体でも心の病について数種類の相談窓口が用意されています。保健所や精神保健福祉センターでは、訪問以外でも電話やメールでの相談に応じている所があります。まずは第3者からの意見を参考にするのも回復への第1歩です。悩むよりも気軽に相談してみる事が必要です。うつ病は典型的な大うつ病性障害だけでなく数種類に分類されます。それぞれに治療方法が違うので、正確な診断と適切な治療が不可欠です。薬物療法が中心となりますが使用される抗うつ剤はいくつもの種類があり、症状に応じて薬の量や回数を加減していきます。中でもSSRIやSNRIという抗うつ剤は比較的副作用が少ない事から第1選択薬として広く利用されています。かつて主流だった3環系や4環系の抗うつ剤の様な、めまいやふらつき等の副作用に悩まされる事なく、治療を続ける事ができます。SSRIやSNRI等の新しいタイプの抗うつ剤の中にはNaSSAという薬もあります。他の薬よりも高い効果が期待できる反面、食欲増進や強い眠気といった副作用を感じる人がいます。これ等の副作用による影響が懸念されますが、食欲不振や不眠の症状がある人には問題なく使用する事ができます。この様な配慮をしていく事で、治療効果を高めていく事が期待できます。そして治療期間中の体調の変化についても、その都度医師へ報告する事が大切です。その為には相性が合う話しやすい医師を選ぶ事が必要になります。しかし実際に治療を受け始めなければ判断できない部分もあり、治療期間を長引かせてしまう要因の1つです。何年も通院している人や治療効果が実感できない人は治療を受ける医療機関を変えてみるのも1つの方法です。そして迷った場合には口コミサイトの評判を参考にするのも得策です。自分と同じ様な症状を持つ人の体験談を知る事で、自分に合う病院や医師を早く見つける事ができます。

TOP