うつ病の種類を調べる【病院に通って診断を受ける】

病との向き合い方

男性

ありのままの自分を見る

なんとなくやる気が出ない、急に涙が出るといった症状はうつ病の代表的な症状のひとつです。もちろんこうした症状が出ているからといってうつと断言できるわけではありませんし、逆にいえばこうした症状がでていなくてもうつ傾向にある人もいます。つまり、専門家である医師でなければうつ病かどうかを判断するのは難しく、病院に通って診断を受けるのがベストな方法と言えるのです。とはいっても「何科を受診すればよいかわからない」「病院を選ぶ基準を知りたい」など不安は尽きないものでしょう。確かに病院の科にはいくつもの種類がありますが、うつの場合は心療内科への通院が適していると考えられます。よく精神科と混同されがちな心療内科ですが、2つはそれぞれぞれ違う種類のものです。心療内科は精神的な問題が身体に影響を及ぼしている患者を対象としていて、精神科は精神的な問題そのものを扱うのが得意な診療科といえるでしょう。ちなみにメンタルクリニックは病院の区分と考えると分かりやすく、精神科や心療内科を併設している病院であることが多いと言えます。それでもまだどの診療科が良いかわからない場合は、病院のホームページやパンフレットなどを見た上で、問い合わせ窓口を利用するのも良いでしょう。自分が悩んでいる症状を伝え、対応してもらえるかどうかを尋ねるだけで回答が得られるはずです。こうした問題は知り合いに相談したくないという人も多いでしょう。だからといって自分ひとりで解決しようとするのではなく、医師や専門機関など誰かの力を頼って解決の道を目指すことが大切です。セルフメディケーション制度が導入された昨今、予防医学や病気にかからないための工夫をする人が増えていると言えます。セルフメディケーション制度は病気の予防や自分で治療するために購入した薬などの代金を税控除の対象として申請できる制度のひとつで、誰でも利用できるものです。実ははうつ病も予防することが可能で、日常生活での意識付けや生活習慣を改善することでうつ傾向を改善したり、うつになる確率を低くできたりするケースもあります。そもそもうつ病にかかりやすい人の特徴として、責任感が強く何事にもまじめに取り組む人が挙げられます。物事を“他人事ではなく自分ごと”として捉えるため、真剣に取り組む一方で責任感を感じて自分を追い込んでしまうことがあるからです。無責任になれとはいいませんが、完璧主義や執拗に自分を責めていないかを今一度チェックする癖をつけましょう。自分の努力を卑下したり、自己評価が低かったりするのもうつにつながる原因になりかねません。自分の良さや頑張りを褒め、“できなかったことではなくできたこと”に着目して自分と向き合うのです。うつを発症するトリガーになりがちなものとして、強いストレスや肉体的疲労が挙げられます。これはうつだけでなく様々な種類の病気の根源ともいえるもので、なければないに越したことはありません。どんなことを苦痛に感じるか、嫌だと思うかには個人差があるようにストレスの種類は人によって違います。自分にとって嫌なものは遠ざける、辛い時には辛いとサインを出す、これだけでもうつを防ぐにはかなりの効果を発揮するでしょう。

うつの対処方法

看護師

うつ病はその種類や現れる症状によって受診する前に対処できる場合もあれば、医師の協力を得て治療していく事が最適な場合もあります。事前に自分の症状がどのようなものかを理解しておく事が、うつ病の一番の治療方法だと言えます。

もっと詳しく

薬の効果が期待できる

カウンセリング

うつ病にはいくつかの種類がありますが、抗うつ剤による治療をする事で完治させる事ができます。この病気の特徴である症状を見逃さず、早めに専門医による診察を受ける事が大切です。短期間で回復させる為には周囲の人の協力と理解も必要です。

もっと詳しく

相談する事が先決です

女性

本人がうつ病の診察や治療を拒む場合は、家族や身近な人だけでも相談に応じてくれる所があります。諦めずに利用する事で回復へ1歩近づく事が期待できます。抗うつ剤には数種類ありますが、副作用も少なく日常生活に支障をきたす事なく受ける事ができます。

もっと詳しく

TOP